もしものときの安心安全を考えた天井材

平成26年4月1日 国土交通省は、近年相次ぐ地震時の天井落下に対応する為、告示771号により特定天井を対象に、耐震補強対策を義務づけました。

私たちは災害時においても安心できる天井システムを目指して「かる~い天井」を開発し、改善を重ねてまいりました。

特定天井に限らず、スポーツ施設・福祉施設・教育施設・商業施設など、多くの人が利用する公共空間や、災害に弱い人が利用する空間において「安全の継続」を信念として開発した商品です。

商品の特長

2kg/㎡以下の天井材

かる~い天井(本体)
拡大
かる~い天井(本体)

グラスウール基材のパネルは柔らかく、

優れた断熱性能を有しています。

専用の樹脂ジョイナー(取付部材)を

含めても1㎡あたりの重量は2kg以下と

非常に軽量。万が一の際も安心です。

 

 

  ※ボード単体の1㎡あたりの重量:およそ0.895kg

   (12.5mm厚の石膏ボードの1/10の重量)

天井板の振動・衝撃をしっかり吸収

基材のグラスウールと樹脂ジョイナー(塩ビ製)には柔軟性があるため、天井の振動・衝撃を吸収し、天井脱落を抑制します。

強震応答実験装置による検証VTR

優れた不燃性能

「かる~い天井」は、不燃材料として、国土交通大臣認定を取得しているので、火災発生のリスクを低減することができます。

 

※国土交通大臣認定取得(認定番号:NM-3244)

施工事例

某国立大学実験室<br/>【特定天井(2kg/㎡以下) <br/>天井高10m 面積500㎡以上】
拡大
某国立大学実験室
【特定天井(2kg/㎡以下) 
天井高10m 面積500㎡以上】
某福祉施設<br/>【廊下・天井(2kg/㎡以下)<br/>天井高2.7m 面積100㎡以上】
拡大
某福祉施設
【廊下・天井(2kg/㎡以下)
天井高2.7m 面積100㎡以上】