独自性を存在価値に

住まいのトータルサプライヤーとして

近年、住宅産業は「エンドユーザーの価値観の多様化」や「少子高齢化」、「地球環境への配慮」など数多くの問題に直面しています。
これまで、住宅資材・設備機器の商社として着実な歩みを続けてきた北恵は、「オリジナル商品の開発・販売」「外壁工事をはじめとした施工付販売」など様々な先駆的事業に取り組んでまいりました。これは「提案型営業活動」などとともに、北恵の「独自性」を打ち出す試みでした。いまやこの「独自性」は、北恵の「存在価値」をより高めるものとなっています。

 

1959年の設立から半世紀を超える歴史と実績を持つ北恵は、多くの取引先やユーザーの方々との信頼関係も確実に築いてきました。
これからも北恵は商社としての経験・知識・ネットワークを最大限に活かし、住まいのトータルサプライヤーとしての「存在価値」を一層高めていく所存です。そして、今後も多くの皆さまに、信頼され愛される企業であり続けたいと願っています。

 

代表取締役社長
北村 良一